16歩目:里がえりもちつき大会が開催されました!

こんにちは!
大熊町復興支援員コミュニティ支援担当の佐藤亜紀です。
(おおくまコミュニティづくり実行委員会では事務局を担当しています!)

1月14日、【おおくまコミュニティづくり実行委員会】主催の初めてのイベントである、
「里がえりもちつき大会」が開催されました!





大熊町では震災後初の、もちつきでした。








【おおくまコミュニティづくり実行委員会】は、
9月8日に行った「おおくまでバーベキュー!」というイベントをきっかけに結成され、
大熊町内におけるコミュニティの創生および交流人口拡大のため、
大川原の地域住民や町外に避難している大熊町民、そして町内の企業及び大熊町が一体となってコミュニティの創生と町内におけるコミュニティイベントを企画・実施することを目的とし活動を開始しました。

実行委員会のみなさんと昨年末からイベント準備を行い、
準備から当日まで、実行委員会のみなさんと笑いあって、とても楽しかったです。



こちらは前日準備の様子!
実行委員会のみなさんです。






会場は鹿島建設大川原事務所敷地内!
150人を超える参加者でにぎわいました!
(県内外から、町民・企業の方・などなど・・)









11時から開会式が行われ、
おおくまコミュニティづくり実行委員会の宗像委員長よりご挨拶がありました。





臼と杵を4組使用し、
もちつき開始です!!!



当日は大熊町のもちつきのプロたちが大活躍・・・!
男性のもちつきはもちろん、
女性のこねどりもさすがでした。
『何年ぶりのこねどりかしら!』なんて声も聞こえてきました。






みんなで食べるお餅は最高に美味しい!












「よいしょーーーーー!」







私もこねどりさせてもらいました!
(まだまだ修行中です・・・!)






もちつき後は、
会場近くの調整池予定地に移動しました。








チョークで大熊町への想いなど、思い思いに描いていきました。

「おおくまに帰ってきたぞ!」




なかなか入ることのできない場所で、
素敵な思い出をつくることができました。




         


落書きを背に記念撮影を行い、集合写真撮影!


次回のおおくまコミュニティづくり実行委員会の町内イベントは春頃を予定し、
現在委員のみなさんと検討しています。
お楽しみに!

佐藤亜紀

コメント