スキップしてメイン コンテンツに移動

144歩目:大熊町内をご案内




こんにちは!
おおくままちづくり公社の佐藤真喜子です。

4/28(金)福島県立ふたば未来学園高等学校1年次の生徒さんたちが
大熊町の視察に来てくださいました!

「地域創造と人間生活」という授業の一環で、
・双葉郡8町村の現状と課題を実際に自分の目で見て感じ、この地で
 学ぶ意味を考えると共に、今後の演劇及び探究活動につなげていく
・地域の方々との対話を通して、震災と原発事故の教訓、
 双葉郡・福島ならではの課題を知る
ことを目的に「課題を知る学習/双葉郡バスツアー」を実施しているのです。

普段、こういった町内視察の対応は移住定住担当に任せているのですが、
昨年度のご縁から今回は僭越ながらわたくしがご案内しました。

ご依頼をいただいたときに
「まあ高校生たちとあんまり歳変わらないからだいじょうぶでしょ」
という謎の自信を抱いたのですが、自身が高校生だったのは
もう10年近く前という衝撃の事実にしばらくへこみました…🥴


町内をぐるっとまわっておどろいたのは、この地で働き生活していても、
数日見ないだけで様変わりしている場所が多いということ。(とくに駅前)

みなさまをご案内しながら、
わたし自身も再び町をみつめる良い機会となりました!


ご案内後は、大熊町移住定住支援センター内で資料を用いての
町の説明や質疑応答を行いました。
まあこういった場で質問が挙がることはそんなにないので
逆にわたしが高校生にたくさん質問しました🙋🏻‍♀️

なんで大熊コースを選んだの?
どこ出身ですか? 学校たのしい?

じぶんが生徒だったら「なんでそんなこと聞いてくるんだろう😫」と
おもうような質問ばっかりしてしまったなあと反省……。
ついに「学校たのしい?」と聞く大人になっちまった……。
でも純粋に疑問だった……。


この地域の大人として、なにかしらで学生に関われるのは
うれしいことだと再認識できました!みなさまありがとうございました!
ふたば未来学園は授業の一環で演劇作品をつくっているので、
そちらも楽しみにしております!!!!!!

佐藤 真喜子

コメント

過去の投稿

172歩目:帰忘郷、タイさんぐ

171歩目:豆まき

169歩目:本屋さん