スキップしてメイン コンテンツに移動

96歩目:ちいさな癒し



こんにちは。
おおくままちづくり公社の佐藤真喜子です。
ブログの更新はひさしぶりな気がします。


ここのところ取材していただくことが多く、
大熊町についてお答えする機会であると同時に、
あらためてじぶんのことを考える時間にもなっています。

3.11がちかいということもあり、
慌ただしく日々がすぎていく感覚です。


大川原地区にある災害公営住宅エリアには川が流れているのですが、
自然の音はなんだか癒されますね。
じぶんの根っこにあるのはやっぱり田舎の音や風景なのだと感じます。

こういうちいさな癒しをのがさぬよう、丁寧に日々をすごしたいです。

めちゃくちゃ個人的な話なのですが、
先日無事に大学の卒業が決まりました。

佐藤真喜子

コメント

過去の投稿

172歩目:帰忘郷、タイさんぐ

171歩目:豆まき

169歩目:本屋さん