スキップしてメイン コンテンツに移動

110歩目:たのしいことを考える



こんにちは。
きょうはおおくまコミュニティづくり実行委員会事務局の佐藤真喜子です。

本日、おおくまコミュニティづくり実行委員会が開かれ、
4月17日の春の坂下ダムウォーキングイベントの反省会と
次回のイベント等に関するあつい話し合いが行われました。


春の坂下ダムウォーキングイベント反省会では、
「一か月も前のこと忘っちゃ!」とのお言葉が…。(たしかに)

今回の反省点を活かし、より良いイベントをつくろうとする
この町の大人たちの姿に静かに感動。
ふいに出された「たのしぐねっかなぁ」の言葉が、
コロナ禍においてはより身に沁みました。
(やるならたのしいことをやろう、という意図で発された言葉です)

おおくまコミュニティづくり実行委員会は
いつだってたのしいことを考えることに真剣です。
感染症対策を取りながらの実施になるかとおもいますが、
次回イベントにも乞うご期待!

佐藤真喜子

コメント

過去の投稿

108歩目:某人型ロボット

105歩目:Vol.3