スキップしてメイン コンテンツに移動

142歩目:ひさしぶりの更新です。





こんにちは。
大熊町復興支援員の佐藤真喜子です。
こちらのブログではご無沙汰しております。

新年度、みなさまいかがおすごしでしょうか。
わたくしは気づけば社会人3年目。
コロナ禍以降、時の流れが早すぎて信じがたいです。
公社にアルバイト入社したときはまだ大学生だったのに…。


さてさて、4/8(土)おおくまコミュニティづくり実行委員会主催の
「春の坂下ダムウォーキングイベント2023」が開催されました🌸

今年は全国的に桜の開花が早く、大熊町も例にもれず
桜がほとんど散ってしまっている中で、しかも当日は
お天気的にもあまり恵まれない状況ではありましたが、
約200人の方にご参加いただき、大盛況のうちに
イベントを終えることができました😊

きょうはイベントの様子を写真でお届けいたします!


こちらは受付準備の様子
雨模様だったので急遽屋根のあるところで…

実行委員長のあいさつで
イベントスタート!
この日はNHKの取材も入っていました。
(↑わたくしはさぼっているのではなく公社Twitterを更新しています)

ウォーキングスタート!
遠足みたいでかわいいですね

いつだかも書いた気がしますが、
雨のときは緑が映えて良いですね🍃

ダムに到着すると鯉のぼりがお出迎え。
(鯉のぼりご提供いただいたみなさまありがとうございます!)
恒例の記念撮影タイムです。

普段は立ち入ることのできない
ダムの上を通ってぐるっと1周。

この日はニューヤマザキデイリーストア
大熊町大川原店さまによる
「花見団子茶屋」も出店!


おおくまコミュニティづくり実行委員会主催イベントでは
恒例となっている株式会社勢和さまによる「豚汁」と「玉こんにゃく」
今回もおいしくいただきました🙏🏻✨(写真撮り忘れです…)
肌寒かったこともあり、豚汁は初の「売り切れ御免」状態に。

食事のあとは「おたのしみイベント」
今回は「第1回 おおくま大声大会 坂下ダム予選」と
「おおくまくじ引き大会in坂下ダム」を開催。

大声大会は「おおくま」の4文字に想いを込めて叫んでいただきました。
測定器は使わず実行委員長の独断で優勝者を決めるという荒業。
おおくまコミュニティづくり実行委員会らしさが出ていますね。
予選ということは本選もいつかあるのでしょうか?

くじ引き大会は、委員の方の発案により
【当たった人が次の当選者を決めるためのくじを引く】
という手法をとりました。
なかなか当たらず結局最後はじゃんけん大会になりました👊🏻✌🏻🖐🏻


まだまだ書き足りないような濃いイベントでしたが、
このくらいにして…。

今回のイベントも、福島大学の学生や町民のみなさま、
各企業さまなど、たくさんの方にご協力いただきました。
いつもほんとうにありがとうございます!

ご参加いただいた方も、お足元の悪い中ほんとうにありがとうございました!
近隣町村で桜関連のイベントがたっっっくさんあったなかで
少しでもご検討いただきましたみなさまもありがとうございます!

おおくまコミュニティづくり実行委員会の次回イベントは
夏です!夏といえば、祭りですね!乞うご期待!

ちなみにわたくしは4/8を終えたあと、がっつり風邪をひきました😫
季節の変わり目。みなさまどうぞご自愛ください。

佐藤 真喜子

コメント

過去の投稿

172歩目:帰忘郷、タイさんぐ

171歩目:豆まき

169歩目:本屋さん